恋活アプリ「お昼デート」って本当に出会えるの?

恋活アプリ「お昼デート」が話題ですが、この恋活アプリの評判はどうなんでしょうか?
本当に素敵な出会いがあるのでしょうか?

 

「お昼デート」は、韓国でスタートしたという珍しい経歴をもった恋活アプリです。当初は韓国だけでしか利用ができなかったのですが、2013年より日本語版もスタートしました。
恋活アプリ「お昼デート」の最大の特徴は、毎日午後12時に必ず異性を紹介してくれるという点につきます。しかも2人ぶんの異性のプロフィールカードが届くのです。ちなみに2人とも自分の好みだった場合は、その両方を選ぶことも可能です。

 

ただし、他の恋活アプリにあるような検索機能はいっさいありません。そうなんです。この毎日送られてくるプロフィールカード2枚が、すべてなのです。つまり送られてきたプロフィールカードの中から、自分の好みの相手を探さねばなりません。このシステムを物足りないと思うか、面倒でなくていい、と思うかはあなた次第ですが、なかなかこのシンプルなシステムが好評なんだそうです。

 

ただ注意しなければならないのは、入会時に伝える相手の好みがぼんやりとしたものだと、ずっとその「ぼんやりした状態」でプロフィールカードが届くという点です。この段階ではなるべく自分の好みの詳細を登録することが、お気に入りの相手と出会う一番の方法だということは言うまでもありません。

 

恋活アプリ「お昼デート」の料金体系ですが、登録までは男女とも無料です。ただし、相手とコミュニケーションをとりたいと思ったところから、お金がかかります。ちなみに女性も同じようにお金がかかりますから、注意が必要です。とはいえ、どこまで行っても紹介されるのは毎日の2人だけですので、そんなに多くの金額が必要にならない点も人気の秘密のようです。

 

入会時にもちゃんとしたチェック機能がありますので、不審な人物が会員になることはまずありません。このあたりは安心して使ってみても大丈夫なようです。