恋活アプリ「-Prologue-プロローグ」って本当に出会えるの?

恋活アプリ「-Prologue-プロローグ」が話題になっていましたが、この恋活アプリの評判はどうだったのでしょうか? 「どうだったのでしょうか?」と過去形で表記したのには理由があり、残念ながらこの恋活アプリは2015年の12月31日にサービスを終了してしまいました。

 

「-Prologue-プロローグ」は、2013年にサービスを開始した恋活アプリです。恋活アプリの中では後発組と言っていいと思いますが、それでも様々なサービスを取り入れて、業界の中でも健闘しているほうでした。

 

システムはといえば、こちらも他の恋活アプリ同様、Facebookと連携したものです。
初回登録時にFacebookのアカウントを申請することで、なりすましや悪徳業者の登録を防いでいます。Facebookを利用することによって、友人や知人に恋活アプリを使っていることがバレるのではないか、という不安を持った人もいるかもしれませんが、こちらも他の恋活アプリ同様、たとえばタイムラインに表記されるようなことは一切なく、安心して利用することができました。

 

会員登録後も、ほぼ他の恋活サイトと同様、自分の好みのキーワードで相手を検索して、その中から気になる人が見つかったら「いいね」を送り、それに対して相手も「いいね」と送り返してきたらマッチングが成立したことになります。
そのあとはメールのやりとりをしてお互いのことをわかりあい、さらには実際に会うというと言った流れになります。
ちなみに恋活アプリ「-Prologue-プロローグ」の料金は男女共に無料。ただし、男性の場合のみ実際のやりとり(メールなど)をする段階から有料となります。

 

「-Prologue-プロローグ」が、なぜサービス終了に至ったのかは不明ですが、これから伸びる恋活サイトという評価も多かっただけに、残念ですね。